検索
  • yuuchaaan5180

洗顔の温度に気をつける。


今日は洗顔の温度について書きたいと思います(*^▽^*)

つい最近、今の私のお肌でお湯や水で洗うとどうなるかをためしてみました。

というのは朝ねぼけていまして、お湯で洗ってしまったので(笑)やってしまいましたが(;'∀')そのままどうなるか試してみました。

私は元々かなりの敏感で弱々さんでした。今はやっと、たまに揺らぐ健康になってきましたが。やはり、お湯で洗うと、お肌が乾燥し、赤みが。。。

やってしいまいますよね。うっかりと( ノД`)シクシク…今まで頑張ってきた意味がなくなってしまいます。

人間のお肌は本来自力でまもれるような仕組みでできているんですね。

そして、肌温度は上下しながら日々すごしています。

表皮細胞間バリア機能が最も活発になるタンパク質の温度は30℃~37℃だそうです。

その中でも、1番活性化するのが33℃です。

元々私たちは自ら乾燥しないように肌のバリアを作れる機能を持っているんですが、その本領発揮できる肌の温度が33℃なんです。

例えば朝水洗顔をしている方。

バリア機能を低下させしまっています。恐らく、肌温度は28℃。

40℃のお湯で洗っている方。シャワーでお顔にあてている方。

そのお肌は37℃を超えています。

水だとバリア機能低下して、お湯またはシャワーは皮脂も流れ落ちる上に昨日が低下してますよね。

スチーマーもそうです。なので、当店ではお顔に直接あてずに胸のあたりにあてて、お顔付近の温度をあげるようにしています。

どうしてその必要があるのか。疑問を持ち知ることがスキンケアでは大切になります。

朝と夜、32℃~33℃のぬるま湯で洗う事。肌の温度が高ければ、下げ、低ければ適度に上げていく。

なので、いつも洗顔のに温度をしつこくお伝えさせて頂いています。

皆さん守っていますか~(*'▽')

そしてお客様にどんな洗顔を使用しているか確認しています。

チューブだったり洗浄力が強い洗顔はオススメできません。

当店の【INSILVES】の植物性でできている美容成分たっぷりな

エンリッチソープをオススメします♡

どんな肌の方にもお使いできる石鹸です(^^♪

しっとりつっぱらないを是非体験してください('◇')ゞ


16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示